圓應寺(円応寺・えんのうじ) 歳時心得記

暮らしの中に仏さまを

福岡市中央区にある浄土宗照福山顕光院圓應寺(円応寺)-福岡は、慶長七年(一六〇二)四月、黒田官兵衛如水公の正室、阿弥陀信仰者の照福院殿(光姫)が開基しました。
長男長政公が治める福岡城と次男熊之助が亡くなった玄界灘がよく見渡せる福岡城大手門前に創建し、官兵衛如水公と縁の深い天蓮社真誉見道大和尚を開山に招請し黒田家の菩提寺としました。

年年歳歳の行事や催事をご案内するこよみ、境内の季節の景色の移ろいや、御朱印などの授与頒布物のご案内、お墓と納骨堂の状況の筆録、檀信徒の皆さまとの通信、お寺で催される修行体験やお寺でのお稽古などの情報などを圓應寺副住職三木英信が掲載致しておりますニュースサイト圓應寺養生手帳『圓應寺の歳時心得記』へようこそいらっしゃいました。

存分に閲覧していただき、ご参拝、ご参加いただきますと嬉しく存じます。

圓應寺檀信徒通信はコチラ

このページは圓應寺檀信徒の皆さま専用の掲示版となります。

【緊急事態宣言を受けて新型コロナウイルスへの対策】

新型コロナウイルス感染症の拡大防止、及びご参拝者様の安全を考慮しまして、今後の動向により状況の変化に対応しながら随時追加の対策を講じつつ、仏事の準備をしております。
中止などの場合は、改めましてご案内差し上げます。何卒ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

照福山 顕光院 圓應寺 2021年9月 の 行事暦

九月 September

春・秋 彼岸会大法要 The equinoctial week
お彼岸は極楽へのあこがれを起こす日・極楽浄土への道です。 春分と秋分を中日としてその前後3日間の計一週間にわたる期間、彼の岸へ生まれることを願います。つまり菩提の種を蒔く日といわれます。圓應寺副住職三木英信と共に真西に沈む太陽に西方浄土を思い、亡き人を偲び手を合わせましょう。

行事の最新情報

2021弁財天大祭のみどころ

2021弁財天大祭のみどころ

目次 ご奉納者紹介   ライブペインティング「水流るる神」奉納「水清めの神」奉納「水はぐくむ神」奉納10:30 受付開始12:30~ 自由拝観お寺おやつ 頒布物   ご奉納者紹介    ライブペインティング 気龍画師 日幸知(かさいとも)さん 日幸 知(Tomo kasai)さん圓應寺(円応寺) 『…

仏徒の日暮しの根本(作法・豆知識)

焼香の仕方 Incense-burner
焼香の仕方 Incense-burner

サイト編集者 圓應寺 三木 英信 副住職について

プロフィール

佛教大学卒後、いわゆる底辺校と呼ばれた全日制私立高校の教諭となり、40%卒業率校で在職中受け持ったクラスを卒業率90%に引き上げる。

その後、私立大学職員となり学生課で学生相談員をしながら大学奨学金制度を作定。部活動では空手道部ヘッドコーチとしてクラブを学連一部リーグへと押し上げる。

高校の教育現場に戻り、通信制高校教諭として7割が不登校を経験してきた生徒たちがスクーリングで集う世界遺産の島、屋久島にて共に子どもたちと泣き笑う日々を過ごす。傍らNPO活動で不登校問題に取り組み、中学生対象のフリースクール開設や子育ての講演、相談員、また若者やその家族を支援してきた。

現在、福岡 藩祖・黒田如水(官兵衛)の妻光姫創建の黒田家の菩提寺、浄土宗 照福山 顕光院 圓應寺(円応寺/えんのうじ)副住職に至る。また、正剛館福岡本部 圓應寺 道場師範代 常任理事。全日本空手道連盟公認段 五段 文部科学省認定日本体育協会スポーツ指導員。NPO法人福博相伝の会相談役。

タイトルとURLをコピーしました