こよみと行事

こよみと行事|睦月 -1月- Mutuki

一月の旧い呼び方は、睦月(むつき)。睦月という名は、親族一同が集まって宴をするという意味の「睦び月(むつびつき)」が最も有力な由来だといいます。ことはじめの月に特別に仲がよいことを表す“睦まじい”という文字を使うのは、“和”や“輪”を大切にする日本人の心の表れです。 睦び月とは、仲良くすること・仲睦まじいこと・互いに親しみ合うなどの意味を持つ「睦び合い」の宴は、お正月に家族や親族が集まるということです。 ほかにも、「始まる・元になる月」である「元月(もとつき)」が転じて「むつき」になったという説、稲の実を水に浸す月である「実月(むつき)」が転じたという説などがあります。 冬の二十四節気 冬至 の圓應寺の行事 ・雪下出麦(ゆきわたりてむぎのびる)1月1日頃 雪の下で麦が芽をだす頃。浮き上がった芽を踏む「麦踏み」は日本独特の風習です。 正月 元旦 本来「正月」は1月の別称ですが、1日が元旦、3日までを三が日、7日までを松の内といい、さらに1月15日の「小正月」まで、さまざまなお正月行事が行われます。1月を「睦月」と呼ぶのも、正月に一家揃って睦みあう様子を表したもの。多くの方がお正月を家族で過ごし、当たり前のようにおせちを食べたり、お年玉のやりとりをしたりしていますが、一つ一つのものごとにも大切な意味が込められています。 年神様は祖霊神(ご先祖さまの霊) 昔から、元旦には「年神様」(としがみさま)という新年の神様が、1年の幸福をもたらすために各家庭にやってくるとされています。年神様は祖霊神であり、仏教でいうところのご先祖さまの霊位です。また 年神様は、田の神、山の神でもあります。そのため、年神様は子孫繁栄や五穀豊穣に深く関わり、人々に健康や幸福を授けるとされていて、「正月様」、「歳徳神」(としとくじん)とも呼ばれています。 その年神様を迎え入れてお祝いし、たくさんの幸せを授けてもらうために、様々な正月行事や風習が生まれました。 おなじみの「明けましておめでとうございます」という挨拶には、無事に年を越し年神様をお迎えできた慶びと感謝の気持ちが込められています。 鏡餅は年神様の依り代(お位牌の役目をする) 昔も今も祝いごとや祭りなどの時によく登場する餅。餅は稲の霊が宿るハレの日の食べもので、食べると生命力が与えられると考えられ、神様に捧げる神聖なものだったのです。正月には鏡餅を飾り、雑煮をいただきます。実は、鏡餅を知ることでお正月の本当の意味がわかってきます。 元旦には「年神様」(としがみさま)という新年の神様が、1年の幸福をもたらすために各家庭にやってくるとされています。お迎えした年神様の依り代(よりしろ)、つまり居場所が「鏡餅」なのです。 大晦日と年神様 正月にやってくる歳神(年神)様をお迎えする準備として、大晦日は昔から一年で溜まった厄や穢(けが)れを祓う日だとされており、お寺では人間の煩悩の数と同じ108回の鐘を打ち鳴らしそれを払うという形で行なわれています。 ...
続きを読む

こよみと行事|師走 -12月- Siwasu

師走の主な語源説として、師匠の僧がお経をあげるために、東西を馳せる月と解釈する「師馳す(しはす)」が一般的です。 この説は、平安末期の「色葉字類抄(いろはじるいしょう)」に、「しはす」の注として説明されています。 ほかにも、年が果てる(終わる)という意味の「年果つ(としはつ)」が「しはす」に変化したという説もあり、万葉集のころから「シハス」と呼ばれていたとの説もあります。 四季の果てる月を意味する「四極(しはつ)」を語源とする説、一年の最後になし終えるという意味の「為果つ(しはつ)」を語源とする説などもあります。 冬の二十四節気 小雪 の圓應寺の行事 木々の葉が落ち、山には初雪が舞い始める頃です。 「冷ゆるが故に雨も雪となりてくだるがゆへ也」 「小雪」とは、冬とは言えまだ雪はさほど多くないという意味で、冬の入口にあたります。 陽射しは弱まり、冷え込みが厳しくなる季節。 ・橘始黄(たちばなはじめてきばむ)12月2日頃 橘の実が黄色く色づき始める頃。常緑樹の橘は、永遠の象徴とされています。 冬の二十四節気 大雪 の圓應寺の行事 「雪いよいよ降り重ねる折からなれば也」 山の峰々は雪の衣を纏って 、平地にも雪が降る頃です。 朝夕には池や川に氷を見るようになる。大地の霜柱を踏むのもこの頃から。 ...
続きを読む

こよみと行事|霜月 -11月- Simotuki

霜月は、「霜降り月・霜降月(しもふりつき)」の略とする説が有力ですが、十は満ちた数で一区切りなので上月になり、それに対して下月とする説や、「神無月」を「上な月」と考えて「下な月」とする説など、上下の「下」とみる説もあります。 秋の二十四節気 霜降 の圓應寺の行事 早朝に霜が降りはじめる頃という意味です。晩秋を迎え、北の方では朝霜が降り、山々は紅葉に染まります。 ・楓蔦黄(もみじつたきばむ)11月2日頃 楓(かえで)や蔦の葉が色づく頃。晩秋の山々は赤や黄に彩られ、紅葉狩りの季節です。 11月 3日 日 11:00 圓應寺 十夜会法要(檀) 生けらば念仏の功積もり死なば浄土にまいりなん http://www.ennouji.or.jp/event/m-service/m-service4.html 11月 3日 日 15:00 秋の念仏まつり -陰翳礼讃-「十夜一夜」 ...
続きを読む

こよみと行事|神無月 -10月- Kannaduki

神無月(かんなづき)は、旧暦で10月のこと。「かみなづき」「かむなづき」とも言います。でも、出雲の国(島根県)では神様がたくさんいらっしゃるので「神在月」(かみありつき)と逆の意味で呼ばれています。 秋の二十四節気 秋分 の圓應寺の行事 ・水始涸(みずはじめてかるる)10月3日頃 田んぼの水を抜き、稲刈りの準備をする頃。井戸の水が枯れ始める頃との説も。 10月 5日 土 立雲忌 秋の二十四節気 寒露 の圓應寺の行事 草木に冷たい露が降りる頃という意味です。秋の長雨が終わり、ぐっと秋が深まります。稲刈りが終わるころで、その他の農作物の収穫もたけなわとなります。また、北の方から紅葉の便りが届きはじめます。 ・鴻雁来(こうがんきたる)10月8日頃 雁が渡ってくる頃。清明の時期に北へ帰っていった雁たちが、再びやってきます。 ・菊花開(きくのはなひらく)10月13日頃 菊の花が咲き始める頃。旧暦では重陽の節供の時期で、菊で長寿を祈願しました。 ・蟋蟀在戸(きりぎりすとにあり)10月18日頃 戸口で秋の虫が鳴く頃。昔は「こおろぎ」を「きりぎりす」と呼びました。 ...
続きを読む

こよみと行事|長月 -9月- Nagatuki

長月の由来は、「夜長月(よながつき)」の略であるとする説が最も有力だそうです。 まさに「秋の夜長」がはじまりますね。他に、「稲刈月(いねかりづき)」が「ねかづき」となり「ながつき」となったという説、「稲熟月(いねあがりづき)」が略されたものという説もあります。 いにしえより主食をご飯にしている私たちの生活が「稲」という文字に垣間見ることができます。 秋の二十四節気 処暑の圓應寺の行事 二十四節気の処暑は暑さが収ってくるという意味を持つのですが、中々近年では暑さが残っています。 台風のシーズンが到来し、雑節の二百十日(にひゃくとおか)が来ます。 厄日ともされる二百十日は立春から数えて210日目を言い、農家の方にとっては台風シーズンを知らせる日です。 ・禾乃登(こくものすなわちみのる)9月2日頃 いよいよ稲が実り、穂を垂らす頃。「禾」は稲穂が実ったところを表した象形文字。 秋の二十四節気 白露の圓應寺の行事 白露は朝は少し冷えるようになり、草花に朝露がつくという意味です。 二百十日と同じ厄日であり、台風シーズンを意味する二百二十日があります。 十五夜と言われる、中秋の名月があります。 ちなみに十五夜の翌日の十六夜(いざよい)というお月見をする風習もあります。 段々と秋の旬の食べ物が増えてきて、サンマや梨と言った秋の味覚が旬を迎え食欲の秋の到来ともいえます。 また重陽の節句という五節句があります。 ・草露白(くさのつゆしろし)9月7日頃 草に降りた露が白く光って見える頃。朝夕の涼しさが際立ってきます。 ...
続きを読む

こよみと行事|葉月 -8月- Hazuki

葉の落ちる月「葉落月(はおちづき)」が転じて「葉月」というようになりました。現代の感覚では葉が生い茂る様子を思い浮かべますが、旧暦では7月から秋となるため、秋真っ盛りだったのです。 夏の二十四節気 大暑の圓應寺の行事 大暑は一年でも最も暑さが厳しい時期を意味します。土用の丑の日があり、大暑の食材と言えば、ウナギが有名です。 ちなみに土用と言うのは、立秋の前にやってくる夏の土用の丑の日が最も有名ですが、立春/立夏/立秋/立冬の前にそれぞれ18日間あります。 ・大雨時行(たいうときどきふる)8月2日頃 ときどき大雨が降る頃。むくむくと湧き上がる入道雲が夕立になり、乾いた大地を潤します。 8月 4日 日 18:30 礼拝行『施餓鬼』 https://www.facebook.com/events/503451523730658/ 8月 6日 火 11:00 圓應寺 施餓鬼会法要(檀) http://ennouji.club/%e6%aa%80%e4%bf%a1%e5%be%92%e5%a4%a7%e6%b3%95%e8%a6%81%ef%bd%9c%e6%96%bd%e9%a4%93%e9%ac%bc%e4%bc%9a%e3%83%bb%e7%9b%82%e8%98%ad%e7%9b%86%e4%bc%9a%e3%83%bb%e6%a3%9a%e7%b5%8c%e6%b3%95%e4%bc%9a%e3%80%80m/ ...
続きを読む
Copied title and URL