こよみと行事|霜月 -11月- Simotuki

霜月は、「霜降り月・霜降月(しもふりつき)」の略とする説が有力ですが、十は満ちた数で一区切りなので上月になり、それに対して下月とする説や、「神無月」を「上な月」と考えて「下な月」とする説など、上下の「下」とみる説もあります。

秋の二十四節気 霜降 の圓應寺の行事

早朝に霜が降りはじめる頃という意味です。晩秋を迎え、北の方では朝霜が降り、山々は紅葉に染まります。

・楓蔦黄(もみじつたきばむ)11月2日頃
楓(かえで)や蔦の葉が色づく頃。晩秋の山々は赤や黄に彩られ、紅葉狩りの季節です。

11月 1日 日 17:00 秋の念仏まつり -陰翳礼讃-「十夜一夜」
秋の念仏まつり 陰翳礼讃 十夜一夜(Tenya Wanya) 2020
宗教 event in 福岡市 by 圓應寺 on 日曜日, 11月 1 20206 posts in the discussion.
参列チケット
秋の念佛まつり 十夜一夜【Tenya Wanya】佛法外伝  和ノ国の祷り
11/1(日) 圓應寺 三木英信 C.B 時空 白石ありさ みゆき 天本由依 一井優希 たかおきょうこ 真崎千佳 Aymi Kekamaikamalukoa 戸村寿子 吉良牧子 中西久美 立花茉生 樺島明義 Yumi Itokazu チケットの購入はLivePocketで
視聴チケット
秋の念佛まつり 十夜一夜【Tenya Wanya】佛法外伝 和ノ国の祷り
開催日:2020年11月01日 出演:三木英信 C.B 時空 白石ありさ みゆき 天本由依 一井優希 たかおきょうこ 真崎千佳 Aymi Kekamaikamalukoa 戸村寿子 吉良牧子 中西久美 立花茉生 樺島明義 Yumi Itokazu 会場: 日時:2020年11月1日(日)会場:圓應寺 (福岡市中央区大手...
11月 3日 日 11:00 圓應寺 十夜会法要(檀)
生けらば念仏の功積もり死なば浄土にまいりなん
十夜会法要 - 圓應寺
大法要|十夜会法要 Buddhist memorial service | 圓應寺(円応寺) -event news
お十夜のつどい -11月3日- 生けらば念仏の功積もり死なば浄土にまいりなん 十夜会法要は南無阿弥陀仏のみ名を称えて善根を積む法要です。 お十夜は、お念仏の尊さを知り、感謝の気持ちを込めてこれをお称えする大切な法会です。この法要は、浄土宗で最も大切な経典の一つ『 無量寿経』の巻下に、 「この世において十日十夜の間善行を...

冬の二十四節気 立冬 の圓應寺の行事

この日から立春の前日までが暦の上では冬となります。木枯らしが吹き、冬の訪れを感じる頃。太陽の光が弱まって日も短くなり、木立ちの冬枯れが目立つようになります。木枯らしが吹くのは、冬型の気圧配置になった証拠です。

鎮火のお供え

火を使い始める時期なので、寺社では鎮火祭が行われます。鎮火祭では里芋やみかん、魔除けの赤飯をお供えします。家でも火の用心。火の取り扱いには気をつけたいですね。

・山茶始開(つばきはじめてひらく)11月7日頃
山茶花(さざんか)の花が咲き始める頃。椿と混同されがちですが、先駆けて咲くのは山茶花です。

11月8日 日 11:00 今津正覚寺 十夜会法要
11月8日 日 17:30 観察行(瞑想会)『正見』
~静の瞑想~圓應寺マインドフルネス浄土禅『正見』2020.11
宗教 event in 福岡市 by 圓應寺 on 日曜日, 11月 8 2020
11月10日 火 11:00 弁財天月法要

・地始凍(ちはじめてこおる)11月12日頃
大地が凍り始める頃。サクサクと霜柱を踏みしめて歩くのが楽しみな時期です。

11月 14日 土 15日 日 11:00 七五三祈願
おてらおめかし 七五三撮影・法要
宗教 event in 福岡市 by 円応寺 and 圓應寺 on 土曜日, 11月 14 2020
七五三祈願

七五三は、子ども時代の大切な節目となる3歳(男女)、5歳(男の子)、7歳(女の子)の成長を神仏に感謝し、人生の節目をお祝いする行事です。

七五三祈願 - 圓應寺
おてらおめかし 七五三法要|成長祈願
ほとけの子は明るい、あたたかい。つよい、くじけない。人と人の深い絆にむすばれる。おさない生命が鼓動するこのひと時に、仏の智慧 慈悲をはぐくみます。平穏無事に生かされている感謝の心で圓應寺七五三祝いを通じて子どもたちがからだに、こころに、生きる力とやさしさを。あたたかく、しなやかでゆるぎない人に成長するようお祈りいたしま...

1.お参りする場合、参加人数、衣装を決定します。
その後、レストランなどで食事をするときはあらかじめ予約しておくと安心です。

2.前日は早めに就寝します。子どもの体調にも注意しておきましょう。

3.当日、朝食はきちんととってから支度を。脱ぎ着の楽な前開きの服を着てヘアメイクや着付けをします。

4.写真撮影をするときはお参りの前後です。

5.お寺で参拝します。落ち着いていられるよう子どものトイレを済ませておきます。

千歳飴

千歳飴は、長く引っ張って伸ばして作ることから「長寿」に通じる縁起のよい紅白の飴です。袋にも縁起のよい鶴亀や松竹梅が描かれており、名前も「千歳」(千年)というおめでたい名前で、晴れ姿に千歳飴の袋を持つことが定着しました。由来は諸説あるようですが、七五三の行事が一般化した江戸時代にはすでにあったようです。
千歳飴の長い袋を引きずるように持ちながら、お父さん、お母さんに手を引かれて歩いている子を見かけると、可愛らしさに見ている方も嬉しい気持ちになりますね。

・金盞香(きんせんかさく)11月17日頃
水仙が咲き芳香を放つ頃。「金盞」は金の盃のことで、水仙の黄色い冠を見立てています。

11月17日 火 11:00 大黒天大祭
大黒天大祭
宗教 event in 福岡市 by 圓應寺 on 火曜日, 11月 17 2020

冬の二十四節気 小雪 の圓應寺の行事

木々の葉が落ち、山には初雪が舞い始める頃です。「小雪」とは、冬とは言えまだ雪はさほど多くないという意味で、冬の入口にあたります。

・虹蔵不見(にじかくれてみえず)11月22日頃
陽の光も弱まり、虹を見かけなくなる頃。「蔵」には潜むという意味があります。

11月24日 火 14:00 寺子屋圓應寺ボタニカルアート
圓應寺寺子屋 ~世界にたった一つのアート~ ボタニーペインティング体験
健康 event by 圓應寺 on 火曜日, 11月 24 2020

・朔風払葉(きたかぜこのはをはらう)11月27日頃
北風が木の葉を吹き払う頃。「朔風」は北の風という意味で、木枯らしをさします。

11月29日 日 17:30 写経写仏会
圓應寺 写経・写佛体験 2020.11
宗教 event in 福岡市 by 圓應寺 on 日曜日, 11月 29 2020
タイトルとURLをコピーしました