こよみと行事|神無月 -10月- Kannaduki

神無月(かんなづき)は、旧暦で10月のこと。「かみなづき」「かむなづき」とも言います。でも、出雲の国(島根県)では神様がたくさんいらっしゃるので「神在月」(かみありつき)と逆の意味で呼ばれています。

秋の二十四節気 秋分 の圓應寺の行事

10月1日 中秋の名月(十五夜)

中秋(ちゅうしゅう)の名月とは、旧暦8月15日の十五夜にお月見をするならわしです。

昔の日本では月の満ち欠けと太陽の動きを基に作られた太陰太陽暦という暦を作り、農業や暮らしに役立てていました。いわゆる旧暦です。

旧暦では7,8,9月を秋としており、その真ん中の日の8月15日を「中秋」と呼び、またその晩に上がる月のことを「中秋の月」と言っていました。

中秋の名月の別称である十五夜(のお月さま)もこの旧暦の頃の名残です。

旧暦は毎月1日は新月でなければなりませんでした。そのため毎月15日には満月か、ほぼ満月に近い月が見られ、1ヵ月が29日ないし30日あったのです。(月の満ち欠けの周期は29.5日)

さらに、初秋は台風や雨も多いですが、そのあとは徐々に空気も冷たくなってきて、秋晴れが続きます。空も高くなり、月もきれいに見えるので、中秋の名月と呼ばれるようになったそうです。

また、旧暦と新暦には1カ月~2か月のズレがあるため現在の中秋の名月は9月だったり10月だったりするんですね。

平安時代、中国から遣唐使によってもたらされた「望月」という月を見る催しが平安貴族に浸透し、観月の宴が催されるようになりました。

それが農村を中心に庶民の間で行われていた作物の収穫祭と結びついていきます。豊かな実りの象徴として十五夜を鑑賞し、お供えものをして感謝や祈りを捧げるようになりました。

お月見団子

お月見といえば「お月見団子」ですよね。お月見団子の数は決まっているのでしょうか?

お月見団子は十五夜には15個、十三夜には13個というのが一番多いようですが、他には1年の満月の数にあわせて12個(うるう年には13個)、15を簡略して5個にする地方もあります。

並べ方はピラミッドのようにして、三方(さんぽう)に白い紙を敷き、お供えします。お供えする場所は、お月様が見える床の間に置くのがベストです。

ススキ

お月見と言えばススキですよね。

ススキを飾るのには諸説ありますが、まず、稲の代わりと言うのがあるそうです。秋の収穫で得た里芋などを供物としていましたが、稲は既に収穫してしまった後だったため、丁度お月見の時期に穂が出ていて稲に似ているススキを飾ったそうです。

また、ススキには神様が休憩し、魔よけの効果があるとも信じられてきました。

沖縄ではススキの葉が魔よけになるとし、サングワーというススキを結んでつくる魔よけもあります。物を腐らせたり魔よけになる「マジムン」という悪霊を寄せ付けないように、食材の上に置いたり、家の軒先につるしたりするそうです。小さいものを作ってお守りのように身に着けたりするようですよ。

秋の七草

秋の七草は、山上憶良(やまのうえのおくら)が詠んだ歌にちなんでいます。

秋の野に 咲たる花を 指折り かき数ふれば 七種(ななくさ)の花 (万葉集)

萩の花 尾花葛花 瞿麦(なでしこ)の花 姫部志(をみなえし) また藤袴 朝顔の花 (万葉集)

秋の七草は、ススキ(尾花)・クズ(葛花)・ナデシコ(瞿麦)・オミナエシ(姫部志)・フジバカマ(藤袴)とキキョウ(桔梗)です。

歌の中にある「朝顔の花」は、朝顔・昼顔・ムクゲ・桔梗など諸説ありますが桔梗が有力とされています。秋の七草は、春の七草のように粥にして食べたり、というようなことはとくにありません。

平安時代貴族は、秋の七草が咲いていた花野(はなの)を歩きながら歌を詠むという風流な遊びをしていました。花野に咲く秋の七草を月の光で愛でていたのでしょうか。ロマンチックですねえ…!

野に咲く花なので、お花屋さんで購入するのは難しいかもしれないですが、ススキと桔梗だけでも十分秋らしいですし、重陽の節句から飾っている菊と合わせてもよいと思います。

ススキ(尾花)

イネ科の多年草で草丈は1~2mになります。集落付近や畔などによく茂っていたため茅葺屋根(かやぶきやね)の材料として使われることもあったようです。

クズ(葛花)

マメ科に分類される大型の蔓性植物です。葛の根から取り出したデンプンは葛粉と呼ばれ、葛餅や葛切りの原材料として使われてきました。

ナデシコ(瞿麦・撫子)

ナデシコ科の多年草で、山などでよく見られます。江戸時代ではナデシコを交配させたり、自然交配によって生まれたナデシコを観賞していました。

オミナエシ(姫部志・女郎花)

オミナエシ科の多年草で、草丈が60~100cm程になります。8~10月頃に黄色い綺麗な花を咲かせる美花種です。

フジバカマ(藤袴)

キク科の多年草で、8~9月頃に白い花を咲かせます。当時は当たり前のように生えていたそうですが、現在では数が減り、絶滅危惧種にまで指定されています。

キキョウ(桔梗)

キキョウ科に属する多年草で、草丈が40~100cm程になります。花がとても美しく、鉢に植えられた状態で販売されていることもあります。

ハギ(萩)

マメ科ハギ属の総称で、何種類もあります。すべすべした丸い葉がたくさんつき、垂れ下がり、白やピンクの小さな花が可憐です。大株になるとかなりの迫力があります。

春の七草はこちらから

・水始涸(みずはじめてかるる)10月3日頃
田んぼの水を抜き、稲刈りの準備をする頃。井戸の水が枯れ始める頃との説も。

10月 5日 月 立雲忌
歴史|頭山 満 翁 HISTORY | 圓應寺の世界 副住職のススメ
頭山満は国士無双といわれ、昭和の巨人とよばれた国家主義の第一人者。玄洋社の総帥として多くの思想の柱となりました。アジア各地の独立運動を支えたことでも知られています。1855年4月12日筑前国早良郡西新町の福岡藩士筒井亀策

秋の二十四節気 寒露 の圓應寺の行事

草木に冷たい露が降りる頃という意味です。秋の長雨が終わり、ぐっと秋が深まります。稲刈りが終わるころで、その他の農作物の収穫もたけなわとなります。また、北の方から紅葉の便りが届きはじめます。

・鴻雁来(こうがんきたる)10月8日頃
雁が渡ってくる頃。清明の時期に北へ帰っていった雁たちが、再びやってきます。

10月11日 日 17:30 礼拝行 『つきかげ放生会』

・菊花開(きくのはなひらく)10月13日頃
菊の花が咲き始める頃。旧暦では重陽の節供の時期で、菊で長寿を祈願しました。

~動の瞑想(meditation)~圓應寺 礼拝行『つきかげ』2020.10
宗教 event in 福岡市 by 圓應寺 on 日曜日, 10月 11 2020
10月17日 土11:00 弁財天月法要
10月17日 土 15:00 動物愛護追善供養
動物・ペット慰霊供養祭2020
宗教 event in 福岡市 by 圓應寺 on 日曜日, 10月 18 2020
http://ennouji.site/2019/07/10/%e5%af%ba%e3%81%a7%e3%81%8d%e3%81%a1%e3%82%93%e3%81%a8%e8%a1%8c%e3%81%86%e3%80%90%e5%9c%93%e6%87%89%e5%af%ba%e3%83%9a%e3%83%83%e3%83%88%e4%be%9b%e9%a4%8a%e3%80%91/

・蟋蟀在戸(きりぎりすとにあり)10月18日頃
戸口で秋の虫が鳴く頃。昔は「こおろぎ」を「きりぎりす」と呼びました。

10月18日 日 14:00〜17:30 仏教伝来 日本刺繍 〜ennoji〜

秋の二十四節気 霜降 の圓應寺の行事

早朝に霜が降りはじめる頃という意味です。晩秋を迎え、北の方では朝霜が降り、山々は紅葉に染まります。

・霜始降花(しもはじめてふる)10月23日頃
山里に霜が降り始める頃。草木や作物を枯らす霜を警戒する時期です。

10月25日 日 18:00 写経写仏会
圓應寺 写経・写佛体験 2020.10
宗教 event in 福岡市 by 圓應寺 on 日曜日, 10月 25 2020

・霎時施(こさめときどきふる)10月28日頃
ときどき小雨が降る頃。「霎」をしぐれと読むことも。ひと雨ごとに気温が下がります。

10月29日 十三夜

旧暦9月13日の夜に十三夜というお月見があります。

2020年の十三夜は10月29日です。

この十三夜は、十五夜とセットでお祝いすることが良しとされており、どちらか片方しかお祝いしないと「片月見」などとして忌むこととされていました。

十五夜は中国をはじめとする台湾や韓国などでも見られますが、この十三夜は日本だけのものなんだとか。十三夜の別名は「栗名月」「豆名月」で、こちらは栗や枝豆が旬のため、お供物にされるからなんですね。

ちなみに、十三夜のお月見を最初に行ったのは平安時代の後醍醐天皇だという説があります。

タイトルとURLをコピーしました